TOP > 2012サマーキャンプのお知らせ

2012サマーキャンプ

一歩踏み出せばそこは英語の世界。いつもは学校が終ってからも日本語だけの世界。
夏休みだけでも、英語の環境にたっぷり浸って、とにかく日本語が使えない異文化体験をMSPでしてみませんか?

半日英語の環境に入って、英語に浸るだけ。
初めはぽかんと4時間無言の子供達が、10日間も通っていれば、寝言が英語になるかも!? (^_-)-☆

年少のお子様も幼稚園に入ってようやく園生活に慣れてきた頃でしょう。

初めて英語を習うお子様も参加していただけます。

他のお友達も先生もみんな英語を使っておしゃべりするので、誰もが初めはびっくり!
無口になってしまいます。

 

   かき氷



サマーキャンプ1


キンダー日程


1日の始まりはまず、Morning Meeting time
この時間は、子供達が日本語から英語に切り替えるとても大切な時間。

“What day is it today?”

“It's Monday.”

“What are you doing this afternoon?”

“We are going to go to the pool by bus.”

とミーティングボードを見ながら子供達は今日の曜日/天気/予定などを先生とリラックスムードの中、英語で繰り返します。

 

キンダー時間割

次にLearning center(今日のレッスン)
毎日子供たちが使う英語のフレーズを実際に生活の中で、使えるように練習します。

“I want to go to the pool.”

“I am having lunch.”

“We went to the community center yesterday”

「え?過去形も話すの?今まで習っていた英会話スクールでは現在形だけよ。」と思うお母さんもいます。

確かに過去形は英語を習い始めた子供には、英会話スクールでは習いません。
しかし、3〜4歳ぐらいになってきて、みんなが日本語でも『行ったよ』と過去の事をあらわす言い回しを使いだしているわけですから、実際に使ってしまえば簡単です。


 

 

ひまわり

1日のレッスンを終えると大好きなお母さんが迎えに来てくれます。
帰りの車の中は・・・

“I can see a park.”

“Where are you going?”

とすぐに先生の言葉を真似して話しかけてくるそうです(^-^)
お母さん、何を言っているかさっぱり・・(笑い)
まるでここはアメリカの幼稚園に通わせているようだわ・・とお母さんもびっくり!
さあ、毎日子供達が家にいるだけでは退屈ですよ。

英語のフレーズを必要な場面で、繰り返し使っているうちに、自然に言葉として身についていきます。
午前中のレッスンを終えたら、ランチタイム.お弁当を食べたら、バスに乗りいざプールへ。

教室の中から、校外に移動すると、子供たちも色々な英語のフレーズが出てきます。バスの中では、

“What can you see?”


“I can see a car.”


バスの中から見える色々な物を子供達は、指差しながら大きな声で繰り返します。
プールで“Don’t splash me.”と英語を使うと、
他の子も“Don’t splash me.”と真似します。
英語を使って話した事がないお子様も毎日まるで外国で過ごすように、英語の環境に浸ると、少しずつ英語をしゃべり出します。


小学生クラスも、アドバンスクラスやインタークラスでは
午後よりバスに乗って校外保育に出かけます。

 

キャンプが終った頃には、「お母さん、もっと外国人の先生と話ができるようになりたい」と言って、英語を継続して頑張る子もたくさん。

“Who want to do first?”


“Me!”

とみんな手を上げだします。
トイレに行く時だって、

“I want to go to the toilet.”

英語で言えないと行かせてくれない。

子供達は生活するために必死で英語のフレーズを使って先生とコミュニケーションを取ります。(^-^)



      カブトムシ

エレメンタリースケジュール

昨年度のテーマ学習は、エレメンタリーアドバンスキャンプの第1タームは「Oceans」、第2タームは「Insects」についてでした。エレメンタリーインターキャンプの第1タームは「Oceans」、第2タームは「Insects」、第3タームは「Animals in the Zoo」でした。

校外保育では、今年も昆虫展に出かけます。

もちろんエレメンタリーキャンプ、エレメンタリーアドバンスキャンプ共にプールに出かけます。

上級クラスでは、欧米の小学生1年生〜6年生課程のカリキュラムで行いますので、日本の中学生〜高校生課程の英文法や、理科・社会を学びます。

子ども達は、図鑑を片手に、ワークシートを読みながら先生のレクチャーを興味深く聞きます。

サイエンスの時間は、実験が大人気。

今年の夏も楽しみです。(^o^)




提灯

エレメンタリー時間割
2012サマー申込